スポンサーリンク

【ワンオペのお風呂問題】お風呂に入る3つの方法と便利グッズを紹介(新生児期)

ワンオペお風呂

ワンオペのお風呂って、どうすればいいの?!

赤ちゃん放っておくわけにもいかないし…。

どうやってこの時期を乗り切ればいいのーー?!?!

赤ちゃんは沐浴でママはお風呂なこの時期。

赤ちゃんを置いてお風呂に入らなければいけないこの時期、ワンオペママは困ってしまいますよね。

このワンオペ育児のお風呂問題に、
経験者である私が3つの解決策をお伝えします!

 

ワンオペのお風呂問題解決法
  1. お風呂場にバウンサーを持っていき、そこで待ってもらう
  2. お昼寝の隙にササっと入る
  3. パパのいる時間に入る

私も新生児とのワンオペ生活を経験。

この3つの方法で、お風呂問題を切り抜けました。

大前提として、

✔ ゆっくりお風呂に入ろうと思ってはいけない!

✔ 基本シャワー

✔ 気持ちをリフレッシュする時間ではなく、体を洗う時間

✔ 風呂は夜に入る必要はない

この時期のお風呂は、今までの概念を覆して別物と考えましょう。

いかに時短で風呂に入り、
ベビーの元に戻るかの勝負です!

悲しいですが、
この新生児のこの時期は、気持ちを割り切って!

お風呂も一つの【作業】としてこなしましょう。

今回は新生児とワンオペのお風呂問題。
3つの解決法と便利グッズを紹介します!

スポンサーリンク

【ワンオペのお風呂問題】バウンサーを使って、風呂場で待ってもらう

ワンオペのお風呂問題の解決策の1つ目は、
「風呂場にバウンサーを持って行って、そこで待ってもらう」です!

  1. 授乳を済ませる
  2. お風呂場にバウンサーを準備
  3. 風呂場の室温をチェック!
  4. 風呂の扉は半開き
  5. シャワーでササっと頭と体を洗う

私はこの方法を一番使ってました!

この方法のメリットは、
赤ちゃんが目の届くところにいること。

何かあっても、すぐに対応出来ます。

私は0ヵ月から使えて、リクライニングの調整が出来るタイプのバウンサーを使っていました。


リクライニング出来るタイプは、後に離乳食用の椅子にしたりもできます!

長く使えて便利でした♪

新生児の時期は動き回ることもないので、大きめの座布団などに寝かせておくことも出来ます。

私としては、バウンサーに乗せている方が安心感がありました。

▼ディズニー可愛い!▼

▼生後1ヵ月からだけど…絶対可愛い▼

【ワンオペのお風呂問題】お昼寝の隙にササっと済ませる!

解決策の2つ目は、
「ベビーのお昼寝の隙にササっと入る」です。

  1. 授乳・お昼寝してもらう
  2. 安全確保
  3. ササっとシャワーを済ませる
    (扉は半開き)

少しの時間ですが、目を離すことになるので安全確保とスピード感が大事になります。

ママが時短でお風呂を済ませる便利グッズとしては、


リンスインシャンプーにはかなりお世話になりました!

いつ起きるかとソワソワしながら頭を洗うより、洗い流さないトリートメントに力を入れた方が効率的です!

泣いたときに声が聞こえるように、風呂の扉は半開きにしておきましょう。

▼タオルドライ後にひと手間▼

▼コスパ最強のヘアケアアイテムを紹介▼

【ワンオペのお風呂問題】パパのいる時間にゆっくりとお風呂

お風呂のリラックスタイムはやっぱり譲れない!

シャワーばっかりじゃ嫌だなぁ…

そんな時は
「パパのいる時間に入る」という方法があります!

パパの帰り時間が不定期だったり、深夜だったり…
ワンオペの環境はそれぞれ違いますが、夫が家にいる時間に入りましょう。

お風呂に入る時間は深夜だって、早朝だっていいんです!

大事なのは、ベビーを大人の目の届く環境に置くことなんですから。

ワンオペだと、夫とベビーの関係を築く時間ってなかなかないですよね。

こういうタイミングで、意識的に関わりを作ってあげる方が、今後のためにもなります♪

▼忙しいパパに読んで欲しい▼

【ワンオペのお風呂問題】まとめ

  • お風呂場にバウンサーを持っていき、
    目の届くところでササっと風呂を済ませる。
  • ベビーがお昼寝をしている間に、
    安全をしっかり確保して、ササっと済ませる。
  • パパのいるときに入る。
    忙しいパパの子育て参加のタイミングにする!

いかがでしたか?

これが実際に私がワンオペ育児を通して、風呂問題を乗り切った3つの方法です。

今の沐浴期間は、ママとは別々にお風呂に入るからこその問題があります。

慣れない育児にワンオペ。
本当にハードですよね!

パパに頼れない分、使える便利グッズは積極的に使って乗り切りましょう!


「頼れるものは頼る!便利グッズは取り入れる!」
これが私の10年のワンオペ育児経験から言える、ワンオペを円滑に進めるコツです♪

 

ワンオペの買い物問題についてはコチラの記事▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました