スポンサーリンク

【私の穴がうまらない】レビュー!レス妻が読んでみたら、少し疑問が解けました。

【私の穴がうまらない】を読んだのでレビューします!

ドキッとするタイトルに目がいき、読んでみた一冊。

  • 現在セックスレスで悩んでいる
  • レスのモヤモヤの原因を知りたい
  • 悩んでいるのは自分だけじゃないと実感したい
  • レス予防!なぜレスになるのかを知りたい

こんな人たちにおすすめの一冊です。

何を隠そう現在進行形でセックスレスな私。

深刻に悩んでいるわけではありませんが「なんでこんなに満たされないんだろう…」というモヤっとした問いの答えを、この本から導き出すことが出来ました。

 

セックスレスはデリケートな悩み。

相談するのも難しいテーマですよね。

まずは本でその本質と向き合ってみませんか?

 

現在レスでお悩みなら、この一冊で何か気付きが得られるかもしれません!

 

スポンサーリンク

【私の穴がうまらない】登場人物 セックスレスの理由も人それぞれ

この本では同じ編集オフィスで働く3人の女性が中心に話が進んでいきます。

 

中井ハルヒ(42)主人公。数年間に渡るセックスレスに悩む。

月島ヒカリ(42)「心も体も満たされないと恋愛の意味がない!」と豪語する。年下の彼氏がいる。

森下ミヤコ(29)結婚当初に夫に浮気されて以来、拒み続けている

 

レスの原因は三者三様。

一番共感できたのはハルヒ。

子育てがひと段落してみて気づいたら「求められることがなくなっていた…」という現状。

 

どうせ求められないけど、一緒にいるとどこか期待してしまう虚しさ。

それに輪をかけ、姑から「2人目は?」なんて言われている。

 

そして旦那には旦那の理由があったり。

 

ヒカリは大学院生と年の離れた恋愛を楽しむが、体の相性が合わないことが悩み。

最年少のミヤコは結婚してすぐに旦那に浮気され、その罰として旦那を拒み続け、リビング暮らしをしている。

 

そんなミヤコが投げかけた、

人間の3大欲求って

食欲 睡眠欲 性欲って言いますけど

食欲は外食でバリエーションを楽しんだり

睡眠はいろいろな枕を試して快適さを求めるのはゆるされるのに

なんで性欲だけは手持ち(夫)の駒だけで満足しなきゃいけないんでしょう

引用:私の穴がうまらないより

こんなストレートな疑問、考えたこともなかったけど…。

確かにその通り。

 

結婚したらは旦那しか許されないのに、その旦那から求められない自分は一生このままなのか…。

そんな不安と不満を持ちつつも、夫婦間でこの話し合いをするのってハードルが高い。

 

わかる…

わかりみが深すぎる…そんな本です。

【私の穴がうまらない】離婚すれば解決なのか?レス以外は割とうまくいっている現状

恋愛至上主義のヒカリに何度も離婚をすすめられるハルヒ。

でもレス以外は子供も大きくなり、コレと言った不自由はない。

今まで築き上げてきたものを「セックスレス」という1つの要因だけで壊すこと抵抗がある。

 

 

レス夫婦ってこのケースが多いと思うんです。

私もそうですが、そこさえ目を瞑ればそれなりに幸せ。

レスは【今まで築き上げてきた全てを放棄】するほどの問題ではない。

 

だけど、

大事な1ピースが足りなくて、いつまでもパズルが完成しない。

そんな感覚。

だから気持ちが満たされなくて、いつも不満がくすぶってしまう。

 

足りないピースを埋めるために話し合いが必要なのはわかっているけれど…。

そこは夫婦間であっても簡単には踏み込めない領域な気がして、いつまでも平行線になってしまう。

 

そこで勝負に出れたハルヒはすごいなと素直に尊敬!

しかしその結果が辛い。。。

 

【私の穴がうまらない】心と体の相性がいいのは奇跡!夫婦それぞれに悩みはある

果たしてこの世の中に、心も体も両方満たされてる夫婦ってどのくらいいるのか…。

レスじゃなくても、タイミングが合わなかったり、我慢しているところがあったり…。

 

どこかに不満がある夫婦がほとんどなのでは?

 

セックスの話をオープンにできる夫婦ってどのくらいいるんだろう。

 

話し合うことでしか、この溝は埋まらないんですよね…。

「察してくれ!」なんて都合のいいこと考えてたら、歳ばっかりとっちゃう現実。

 

最初から【心も体の相性がいい】なんて奇跡なんですね。

この本で気付かせてもらいました。

【私の穴がうまらない】誰でもいいわけじゃない!やっぱり旦那に愛されたいんです

飲み会の帰り、ホテルに誘われたハルヒ。

誰でもいいってわけじゃないんだよ

愛されたい

代わりのきかない唯一の人に

引用:私の穴がうまらないより

コレですよ!

誰に愛されたいかって言ったら、旦那なんですよ。

誰でもない「旦那から変わらず愛されてる」っていう実感が欲しいんです。

 

私もレスだけど、あまり深く考えずにきました。

だって、考えれば考えるほどつらくなりそうだから。

 

満たされない原因は【求められない = 私って必要ない? = 寂しい】っていうこと。

 

「愛されてる!」を心と体で実感する。

それが夫婦間のセックスの重要性であり必要性だと、個人的に発見しました。

 

母になっても、ちゃんと「女として」愛されてる実感… 欲しいです。

その実感を与えてくれるのは旦那しかいないんですよね。

 

相手は誰でもいいわけじゃない。

満たされないからって不倫したいわけじゃない。

そんな簡単な問題じゃない!!

 

だからセックスレス問題は根深い。

 

 

若い頃は「レスなんて考えられない!」と思っていた私。

なのに「子育てしてたらいつの間に…」なんて、レスあるあるな現状を過ごしています。

 

ぼやーっと「自分ってレスだよな」と思っていましたが、この本を読んで「なんでこんなに満たされないのか」が少し見えてきた気がします。

 

レスの原因は人それぞれで、私もハルヒと状況が合致したわけではありませんが、学びはありました。

まだハルヒのようには行動できないけど、レス問題とちょっと向き合ってみようと思います。

 

セックスレスって相談しずらいものですし、悩んでいるのなら1度読んでみると何か気付きが見つかるかもしれません。

 

\今、一番読みたい本!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました