【家を片付けるコツ】誰でもスッキリ片付いた印象を与える3つのポイント

スポンサーリンク

うちってなんだか散らかってる印象。

「片付いている家」との違いってなんだろう?

雑誌やSNSで見る素敵なおうち。

スッキリと片付いた印象ですよね。

 

そのような片付いた印象を与える家の共通点があります。

それは…

・ものが少ない

・床・テーブル・壁の余白が多い

・視覚的な刺激が少ない

これらが挙げられます。

そして、この3つのポイントさえ掴めれば、誰でも片付いた家にすることができるということです!

今回はリビングにフォーカスを当て、
スッキリと片付いた印象を与える家になる3つのポイント】を紹介します。

片付いた家に生まれ変わりましょう♪

スポンサーリンク

片付けのコツ:片付いた印象の家にはものが少ない!まずは断捨離

スッキリとした印象の部屋

片付いた印象の家になりたいのであれば、まず見直すべきは”もの”の量です。

雑多なものが多ければ多いほど、片付いた印象とは程遠くなっていきます。

 

順番は、1に断捨離、2に整理整頓

すぐに収納アイテムを探したくなりますが、それは不要なものを全て捨てた後にすることです。

 

不必要なものリスト

☆複数ある同じ用途の物
☆読まなくなった本や雑誌
☆いらない郵便物やチラシ
☆学校からの手紙

まずはこれらの片付けやすい項目から始めていきましょう!

複数ある同じ用途の物

まずは複数あるものは部屋中から1箇所に集めて、持っている数を確認しましょう。

ペンやはさみ、糊、爪切り、耳かきなどは、リビングのあちらこちらに点在しがち。

「この量必要かな?」

「この部屋に置いておく必要はあるかな?」

と考えながら選別していきます。

同じ用途で使えるものは使い勝手が良い方を残して、あとは適材適所に移動しましょう。

本や雑誌

読まなくなった雑誌や本は、捨てるかメルカリやリサイクルショップで売ります。

残った必要な本は、

「リビングに置いておく必要はあるか?」

「各自の部屋に置けないか?」

を考えます。

 

雑誌や本は電子書籍に切り替えるのがおすすめです!

電子書籍なら、本を保管するスペース手放す手間がかからないのが最大の魅力!

読書と部屋のスッキリ、どちらもキープできます♪

おすすめ電子書籍Kindle Unlimitedについてはこちら

Kindle Unlimited対象のママ向け雑誌特集はコチラ

学校からの手紙や郵便物

郵便物や学校からの手紙は必要なものを残し、捨てます。

「後でじっくり読もう」と思っていると、大体そのまま放置される運命です。

 

子供がいると溜まりがちな学校の手紙は、新しい月の月間予定表が来たときに、先月の予定表や行事の手紙を一掃しましょう。

捨てて良いか微妙な手紙は、スマホで写真を撮っておけばOK。

 

☆学校からの手紙はすぐに確認して選別
☆提出が必要なものはすぐに書いて、子供に渡す

片付けのコツ:片付いた印象の家は【余白】が多い

きれいでスッキリとした部屋は総じて【余白】が多いです。

  • テーブルの上
  • 床の上

この3つは部屋の多くの面積を占める要素ですよね。

そこに何も置かないだけで、劇的にスッキリとした印象になります。

 

☆テーブルと床の上には物は置かないこと
☆壁面にあれこれ飾らないこと

片付けのコツ:片付いた印象の家は視覚的刺激が少ない

スッキリと片付いた印象の部屋には【視覚的刺激が少ない】という共通点もあります。

カラフルなパッケージのものは棚にしまったり、ケースを入れ替えたりするのがおすすめ。

 

そして子育て世帯のカラフル代表といえば、おもちゃ類。

リビングにおもちゃを置いている場合は【隠す収納】が便利です!

扉のある収納棚や蓋のあるボックスなどがおすすめ。

椅子としても机としても使える多機能おもちゃ収納♪
シンプルな部屋作りにはありがたいアイテム。

視覚的刺激を抑えると、自然と落ち着いた雰囲気にまとまってきます。

片付けのコツまとめ:片付いた印象の家になるための3つのポイント

いかがでしたか?

片付いた印象の家のポイント

・ものを減らす『断捨離』

・視覚的刺激を減らす

・床・テーブル・壁に余白を作る

おしゃれな家はセンスを問われ難しいですが、片付いた印象の家は誰でも手に入れることができます。

この3点を押さえて、スッキリと片付いた印象の家にしていきましょう。

 

そしてスッキリと片付いた印象の家にできたら、モチベーション維持のために人を家に招くのがおすすめですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました