スポンサーリンク

子供の1人洗いデビューにはリンスインシャンプー!湿疹が出たわが家の失敗談と親のサポートの心得

そろそろ子どもの1人洗いデビューを考えている方。

 

私は子供の初めての自分洗いにはリンスインシャンプーをオススメします!

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

 

なぜならうちの長女は1人洗いデビューに失敗。

「洗い流し不足」により、頭皮に湿疹がでてしまったからです。

 

 

今回は私の失敗談を通して、リンスインシャンプーの良いところ。

子供のサポートをする私たち親の心得を紹介します。

 

スポンサーリンク

子供の1人洗い失敗談… 洗い流し不足による湿疹発生!

小学校1年で長女は1人洗いデビューをしました。

 

長女はスーパーロング。

髪は絡まりやすく、子供用シャンプーでは髪の絡みをケアできず幼稚園のころには大人と同じシャンプーとコンディショナーを使用。

 

 

1人洗いデビュー時は、シャンプーとコンディショナーでの洗い方をレクチャーしました。

 

 

1人洗いと言っても、ちゃんと流れているか不安。

 

私が目視で確認しつつ、声掛けをして洗えているかをチェックしていました。

 

 

しかし1人洗いを始めて2ヵ月くらいが経過したころ、娘の頭に異変が!

 

頭頂部付近に湿疹。

湿疹と言うよりは吹き出物のような大きなものが1つできてしまいました。

 

洗っている本人も【慣れ】が出てきてしまい…

見ていたはずの私にも【慣れ】があったのだと思います。

 

 

洗い流し不足以外にも、「夏」というシーズンも良くなかったかもしれません。

 

帽子をかぶったり、汗をかいたり。

それに加え、暑いからとドライヤーも適当になっていました。

 

 

この発疹のせいで体育の授業でプールがあっても、参加できず…。

かわいそうなことをしてしまいました。

 

子供にとって髪を洗うというのは、想像以上にハードルが高い!

親心としては「早くお風呂で独り立ちしてほしい」と思ってしまいますが…。

 

子供にとって髪を洗うのってハードルが高い!

 

 

発疹が出来た後、娘と話し合いをし、「どこが難しかった?」と聞いてみました。

 

娘曰く「髪を洗うのは面倒くさい」「コンディショナーはどこまで流せばいいのかがわからない」とのこと。

 

確かに子供の頃、髪を洗うの面倒だったなぁ…。

 

「ちゃんと流せているか見る」以外の解決できる方法はないのかな?

 

と考えた結果、リンスインシャンプーにたどり着きました。

 

 

リンスインシャンプーが子供の1人洗いにオススメの理由

集中力が切れる前に、手早く終わる

シャンプーの途中でシャボン玉を作って遊んだりしませんか?

 

娘の様子を見ていると、シャンプーに全力を使ってしまって、コンディショナーにまで集中力が続いていない!

 

この結果が洗い流し不足に繋がっていたと思うんです。

 

 

泡立てる作業はエンジョイしてるけど、流す作業は目を閉じるのを嫌がったりと手惑いがち。

 

 

流すのも洗うのも1度で終わらせることのできるリンスインシャンプーは、子供にとってもおススメです!

 

ちなみにリンスインシャンプーでもシャボン玉を作ることができますよ。長女のお風呂の楽しみはシャボン玉を作ることなので、楽しみも奪うことなくシフトチェンジできました。

 

泡が見えるから、洗い流しが一目瞭然

おそらく娘の洗い流し不足だったのはコンディショナーの方。

コンディショナーは見た目では流し不足を確認できませんよね。

 

でも、リンスインシャンプーにすれば一目瞭然!

 

子供自身も鏡を見て気づくこともできますし、親も指摘しやすい。

 

コンディショナーは「洗い流し完了」の明確な合図がないので、子供には切り上げ時がわからず…。

 

集中力も着れているので、早い段階で切り上げてしまいがち。

 

1人洗いの最初はリンスインシャンプーでまずはしっかり洗い流す練習をすることをおすすめします。

 

 

子供の1人洗いをサポートをする親の心得

1人洗いがちゃんとできるまでは時間がかかる!しっかりチェック

リンスインシャンプー1本でも、シャンプー・コンディショナー2本を使うにしても、始めのうちは親のチェックが必須です。

 

 

見た目に分かりやすいリンスインシャンプーでも中側が流せていない場合もあります。

 

最初のうちは仕上げ流しをしてあげましょう!

 

慣れてきたころには髪の毛をさわって洗い流しがないかチェック。

 

「出来る」と自信がついてきたころが洗い流し不足が起きやすい。

 

 

「早く独り立ちしてほしい!」と気持ちが焦ってしまいがちですが、長い目で見ていきましょう。

 

 

洗いたくないときもある!疲れている時は臨機応変に対応しよう

長女の場合、しっかり洗えるようになるまでに半年以上かかりました。

 

それに、疲れていたり、早く風呂から上がりたいときは洗い流し不足がよく発生。

 

 

そんな時は頭を洗う順番を一番最初にしあげたり、洗ってあげてもいいと思います!

 

誰だってやりたくないときはありますから。

 

 

それにこの時期の子供は気分屋ですし、臨機応変に対応してあげましょう。

 

 

たくさん褒めてあげよう

「まずは1人洗いができる」という自信をつけてあげること。

 

親に洗ってもらうほうが、子供も楽です!

髪を自分で洗うのが「面倒くさい」「つまらない」と思ってしまうと、なかなか次のステップに進めなくなってしまいます。

 

なのでここはたくさん褒めて自信をつけてあげましょう!

 

最初のうちは多少泡が残っていても、仕上げ流しをしてあげながら「昨日より泡が少なくなったね」とか「1人で洗ってくれて、ママ助かるー」「1人洗い出来るなんて、お姉さんだね」など。

 

子供を上機嫌にさせてあげましょう。

 

 

頭を洗うことは子供にとってはなかなかの重労働。

 

それを楽しい時間にさせることができれば大成功です。

小学校低学年くらいなら、まだ親に褒められることを素直に喜んで受け取ってくれます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

わが家の失敗談を通して、リンスインシャンプーのメリットを紹介しました。

 

1人洗いは自立の大事なワンステップです。

 

上手に1人洗いできるようになると、次の「お風呂を一人で入る」というステップにも安心して進ませることができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました