スポンサーリンク

出産【初産】予定超過13日での出産!不安な日々の体験記

予定日超過 体験談

出産予定日を過ぎると、一気に不安になりますよね?

予定日が近かった人たちがどんどんママになり、自分だけ取り残されていく感覚。

すごくよくわかります!

私もその中の1人でした。

私の場合、初産は予定日を13日超過しての出産になりました。

今現在、なかなか生まれてこない赤ちゃんに不安の中にいるあなたに、私の経験談、そしてそこから学んだことをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

出産予定日13日超過の長女出産ヒストリー

長女は出産予定日から13日、41w6dで生まれました。

生産期に入った後はいつ生まれても大丈夫と心の準備。

 

予定日が近いマタママさんたちの出産報告がちらほらと見え始める、予定日2週間前。

一気に出産報告が増える、予定日1週間前。

どんどん仲間が減っていき、急に焦り始める。

 

予定日だった9月15日。何もなく過ぎてしまいました。

予定日を過ぎた後は検診が3日おきになり、毎回グリグリされるも、子宮口はまだ開かず…。

 

予定日が近かったマタママさん達は、すっかりママになり退院。

「毎日大変!」というブログやtwitterを見ては凹む日々を過ごす。

 

超過1週間、検診が2日に1回に。

 

過期産を避ける為、入院して促進剤を使い出産する予定を立てる。

リミットは9月27日に決定。

 

1週間以上の超過が珍しいのか、助産師さん達にいろいろ声をかけられるようになる。

それがまたストレス。

私だって何もしてなかったわけではない。

毎日早く生まれてくるように、おなかの赤ちゃんには暇さえあれば話しかけ、ウォーキングをしたり階段の上り下りをしたり。

 

それでも病院では「もっと動かないと~」と言われ。

本当に毎回泣きそうだった

 

結局タイムリミットの27日になり、朝一番で入院。

促進剤を使い、9月28日の朝に出産。

私の長かったマタニティーライフは、こうやって幕を閉じたのでした。

出産予定日超過…。予定日はあくまで予定!不安になり過ぎないで

初産だったこともあり、予定日を信じすぎていました。

生まれるなら前後3日くらいだろうと思い込んでいた節があったと思います。

だから、なかなか生まれてこない我が子に苛立ってしまったり。

 

今思えば「ママのお腹が気持ちよかったんだね」って思えるのですが…

当時はそんな心の余裕なんてありませんでした。

 

でも予定はあくまで予定!

臨機応変に対応できる心構えが出産にも必要です。

出産予定日超過で不安な日々。信じられるのは先生と自分自身だった

予定日を1週間過ぎると「おなかの赤ちゃん大丈夫かな?」と不安になってきますよね。

過期産のリスクなども頭をよぎると思います。

 

でも先生が「大丈夫」と言ってくれている内は、きっと大丈夫。

先生は知識や経験を踏まえてお腹の赤ちゃんの様子を見て判断してくれています。

しかし!

違和感や不安なことがある場合は別です。

ちゃんとそのことを伝えましょう。

 

先生の知識と経験、そしてなによりお母さんの感覚と直感

これがなにより重要です。

出産予定日超過。自分を責めないで!誰も悪くない

周りがどんどん出産していき、自分だけ取り残された感。

これがやはり辛かった…。

階段の上り下り、ウォーキング、雑巾がけ、焼き肉、オロナミンC、マッサージ、ツボ。

全部やりましたが、私の場合産まれませんでした。

 

赤ちゃんにもタイミングがあるのかな?と思います。

 

お母さんがいくらもがいても、赤ちゃんがその気にならなければダメだなと。

生まれてくるときはお母さんも大変で痛いけど、それは赤ちゃんだって同じ。

赤ちゃんも心の準備がきっと必要です。

 

だから、なかなか生まれてこないからと言って自分を責めることはないです。

赤ちゃんのタイミングをドーンと広い心で待ってあげてくださいね。

 

出産予定日超過で大変だったこと…追加の検診代が結構かかる!

辛かった体験は上記の通りですが、それとは別に大変だったこと。

それは検診費が予定以上にかかったことです。

予定日超過後の検診費は病院によって異なりますが、私の場合は4,000円×5回で20,000円。

 

それ以外にも実家から通っていたので交通費もかかりました。

 

予定日通りに生まれていればかからなかった出費…

無事に生まれてきてくれたから良かったとは言え、なかなかの痛手でした。

 

この出費分、かわいい洋服を買ってあげたかったな…。

ちなみに…2人目も予定日超過でした!2人目は早く生まれる説崩壊

2人目は早く生まれる説を信じていましたが、何事もなく予定日は過ぎ。

でも長女の時の経験とこれらの心構えがあったので、かなりリラックスして日々を過ごせました。

 

マンションの7階から1階まで階段上り下りを1日3セットを毎日しましたが、生まれたのは予定日の9日後。

やはり生まれるタイミングは赤ちゃんが決めるんだと、私は信じています。

 

いかがでしたか?

以上が私の「予定日超過13日での出産体験とそこから得た大事な心構え」でした。

今この時、予定日超過で悩んでいたり、不安に思っている方の参考に少しでもなればうれしいです。

 

▽産後の買い物の参考に▽

タイトルとURLをコピーしました